• ホーム
  • 水虫を放置すると下肢切断の危険性もある

水虫を放置すると下肢切断の危険性もある

きれいな脚

水虫は真菌のひとつである白癬菌が感染することで起こる症状で、手や頭に感染することもありますが、多くは足に感染します。
その症状は足の指の間にジクジクとしたものや、カサカサと皮膚が乾燥したり、水疱ができるなど様々です。
白癬菌はカビの一種なので、湿気を好むことから、梅雨の時期から秋頃まで活発に活動し、その活動によって激しいかゆみを伴うことがあります。
角質層に入り込み増殖するため、治療薬が浸透しづらく長期的な治療が必要となります。
つい諦めて放置しがちになりますが、水虫が悪化すると様々な問題を起こすので根気強く治療することが重要となります。
水虫による白癬菌は角質層にしか存在しないので、どれだけ進行しても症状は皮膚のみに現れ、命の危険などはありませんが、悪化するとただれた皮膚から別の菌が侵入して、別の疾患を引き起こす可能性があります。
特に足のことなので、靴や床から様々な菌を拾いやすく、傷口が化膿すると症状はさらに進み、足の指などが壊死することもあります。
特に糖尿病患者にこの傾向が強く、動脈硬化を起こすことで血流が悪くなり、白血球の働きが弱くなることで細胞が死滅することになります。
足の指先といった末梢血管では尚更のことで、壊死してしまうとどうにもならず、指先を切断することになります。
水虫には大した問題はありませんが、そこから合併症に繋がることもあるので、甘く考えずに対処しましょう。
また、水虫は感染症で、非常に感染率が高いのが特徴です。
家族がいる家庭では、妻や子どもに感染させる可能性が非常に高くなるので、家族に水虫の苦労を味合わせないためにも、感染予防と共にしっかりと治療するようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧