• ホーム
  • 伝染性の強い水虫のアルコールを使用した予防策

伝染性の強い水虫のアルコールを使用した予防策

水虫は、白癬菌という菌が感染して発症します。
中年の男性がかかると考えられることが多いですが、実は、若い女性が水虫にかかる場合も多くなっています。
女性の場合、長時間ブーツを履くことがありますので、蒸れてしまい、白癬菌が増殖してしまう環境になりやすいということが考えられます。

水虫は、足に発症すると考えられやすいですが、それ以外にも、手や頭などにできる場合もあるのです。
また、伝染性が強いのも特徴になります。
例えば、公共の施設のバスマットやスリッパなど、不特定多数の人が使用するものによって感染してしまいますので注意が必要になります。
また、家族の中に水虫の症状を持っている人がいる場合も、共同で使用しるものに気をつけなくてはなりません。

水虫は、このように伝染性が強いため、人から人へ簡単に白癬菌が移ってしまいます。
また、1回感染してしまいますと、広範囲に菌が増殖してしまう場合もあります。
特に、症状が進んでしまい、重度になると爪に白癬菌が感染してしまいます。
爪に感染してしまうと、治りにくくなり、治療を施しても長期間の時間がかかってしまう可能性があります。
ですから、とにかく、重要なのは、水虫にかかってしまわないように予防を行うことと、もし、かかってしまった時には、症状を悪化させないためや、感染を広げないようにするために、早めの治療を行うことが重要になるでしょう。

とはいえ、伝染性の強い水虫の予防はどのようにすればよいのかわからない人も多いはずです。
予防するためには、まず、公共の場所でマットやスリッパを使用した場合には、その後に、きちんと足を清潔に洗うことが重要になります。
さらには、アルコール消毒を事前に行っておくこともよい方法になります。
アルコール消毒は、すでに感染してしまった場合には効果はありませんので、アルコールを効果的に使うためには、あくまでも予防策として使用するようにしましょう。

関連記事