公開履歴
水虫が治った足裏

水虫は、白癬菌と呼ばれるカビが、足の角質に侵入し、繁殖することで発症する病気です。
ひび割れや赤み、水ぶくれが生じることで、強い痒みを感じます。
高温多湿な環境により、引き起こされるので、夏に悩まされる方が多いです。
水虫の起因となる白癬菌は、本来人体には存在しておらず、外部から侵入してくる菌という認識がされてていますが、実は誤りです。
白癬菌は、人体の様々な皮膚の角質に常在しており、全身のほぼ全ての部位に存在しています。
人間のみならず、動物であっても例外ではなく、あらゆる部位に存在しています。
白癬菌が起因となり生じる感染症というのは、多々ありますが、水虫が最も多いというのが実情です。
人間の角質層というのは、垢となり剥がれ落ちていきます。
垢と共に白癬菌も剥がれ落ちるので、菌が付着した角質層を踏んだ方が水虫を発症するのです。
カビの一種であることから、とても高温多湿な場所を好む傾向にあり、温度が15度以上で湿度が70%以上の場所では、最も増殖力が強くなります。
増殖力が強まると、より一層皮膚の奥に侵入していくので、さらに増殖し症状が重症化します。
靴の中は、湿度が95%を超えるので、繁殖しやすい環境です。
さらに、日本という国は、カビにとって好都合な高温多湿な気候であることから、菌が増殖しやすく水虫になりやすい土地柄であるとされています。
加えて、人間が水虫に悩まされやすいのは、角質層に存在する物質が大きく影響しています。
水虫の原因菌は、角質層に存在している物質を好むので、角質層に寄生すると容易に死滅することはありません
ただし、皮膚から剥がれ落ちると、栄養素が無くなってしまうので、数週間で死滅します。

記事一覧
脚にクリームを塗る女性

水虫というものは白癬菌などが足の裏や指の付け根などの組織を侵食して炎症を起こしてしまう症状で、感染症...

水虫やカンジダ症は真菌を原因とした皮膚感染症のひとつで、外用薬などを用いてしっかりと治療すれば治る病...

きれいな脚

水虫というのは白癬菌というカビの一種である菌が角質から皮膚の中に入り込んでしまい感染します。 かゆみ...

きれいな足裏

水虫は一度発症すると完治まで時間がかかるしつこい病気だとされており、実際水虫治療に何ヶ月もの時間をか...

きれいな脚

水虫は真菌のひとつである白癬菌が感染することで起こる症状で、手や頭に感染することもありますが、多くは...